四谷まち歩き手帖 南寺町通り界隈

四谷ゆかりの歴史上の人物を巡る 於岩稲荷田宮神社  〜東海道四谷怪談の真実〜 → 戒行寺 長谷川平蔵の碑〜 → 須賀神社  〜三十六歌仙絵・こて絵〜 → 西念寺 〜岡崎三郎信康と服部半蔵〜
四谷のまち歩き 四谷地区協議会観光まちづくり

四谷のまち歩き 四谷地区協議会観光まちづくり

東京都観光まちづくりアドバイザー派遣制度による1年6ヶ月の準備を経て・・・平成23年6月四谷に「観光まちづくり実行委員会」が立ち上がりました!

四谷らしい観光=文化と歴史の紹介を通し〜住んでよし♪訪れてよし〜の「まちづくり」を地域で考える会です。
ただ今、ガイドの先輩方にアドバイスいただきながら「まち歩き」研修を実施中!

お問い合わせ 新宿区四谷特別出張所

四谷まち歩きのツボ なぜ四谷には寺が多いのか 動画

四谷まち歩きのツボ なぜ四谷には寺が多いのか 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈  なぜ四谷には寺が多いのか の動画です。

四谷の多くの寺は寛永13年1636年江戸城外堀の造成に併せて、堀地に当たる清水谷などからまとめてこの地に移転されました。これが、四谷の町並みの基礎となっています。

kent2133

四谷まち歩きのツボ 四谷怪談 田宮稲荷神社 動画

四谷まち歩きのツボ 四谷怪談 田宮稲荷神社 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 四谷怪談 田宮稲荷神社 の動画です。

江戸時代後期の歌舞伎脚本作者、四代目鶴屋南北が書いた『東海道四谷怪談』で有名な民谷伊右衛門の妻・お岩をまつったお岩稲荷神社の旧地で、東京都指定旧跡です。
 物語は、四谷左門町の浪人・伊右衛門が不義をしたうえにお岩を毒殺し、その亡霊に報復されるという話。文政8年(1825年)、江戸浅草の中村座で上演し、大当たりしました。これは物語であり、幕府の御家人・田宮又左衛門の娘お岩は、養子伊左衛門の貞淑な妻で、代々家に伝わる稲荷を信仰していました。このお岩にあやかろうと、お岩稲荷の信仰が盛んになったといわれています。
 明治5年頃、『田宮稲荷』と改められ、現在は飛地境内社としてお岩稲荷の旧地を守っています。

kent2133

四谷 於岩稲荷田宮神社(お岩稲荷)

四谷 於岩稲荷田宮神社(お岩稲荷)

この神社の「於岩」というのは「お岩」という江戸時代の初期、江戸の四谷左門町で健気な一生を送った女性のことである。その女性の美徳を祀っているいるのが、この神社である。ところが、その「お岩」さんの死後二百年近く経ってから、図らずも芝居の主人公になった。「四谷怪談」である。しかし福を招き、商売繁盛のご利益があり、芸能の成功、興業の成功にはことさら霊験あらたか。さらに最近では交通安全、入学試験にも功徳がある、と言う。怨霊と「お岩」さんの関係は、いったいどうなっているのか。 

四谷 再発見

於岩稲荷神社

於岩稲荷神社

行った事のない人達の中には、おどろおどろしい雰囲気のある場所と言うイメージがあると思うが、残念ながら稲荷は、都会の真ん中、住宅街にあり、おどろおどろしさはない。

 それでは、行ってみよう!

不思議探検隊
探検心、異世界への迷宮の扉、探検記

二つのお岩稲荷 −田宮神社 と 陽運寺−

二つのお岩稲荷 −田宮神社 と 陽運寺−

えっ、お岩稲荷が二つ! 一つは 「於岩稲荷田宮神社」。 もう一つは正門に 「於岩霊堂」 とある 「陽運寺」。 四谷怪談の女主人公、お岩さんのことはさておき、二軒ともお岩稲荷の幟が立っている。 どっちが本物のお岩さんの寺社かと、誰もが戸惑う。
お岩さんが亡くなったのは寛永13年(1636)。 文政8年(1825)に四世鶴屋南北の歌舞伎 「東海道四谷怪談」 の初演が大好評をおさめ、以来、出演者たちのお岩稲荷参りが始まった。 明治5年、お岩稲荷を、お岩さんの嫁ぎ先の田宮家の名をとり田宮神社と改称。 ところが、明治12年に火災で焼失し、現在の中央区新川の田宮神社へ移転。 その間に陽運寺が四谷稲荷と称した。 昭和20年3月の東京大空襲で陽運寺も新川の田宮神社も焼失。 昭和27年に再建し、新川の田宮神社を本社とし、翌年、現在地へ戻った田宮神社を旧社と称することになった。

ワンニャン物語プラス・アルファ
ksei.exblog.jp

四ツ谷怪談 あらすじ

四ツ谷怪談 あらすじ

あらすじ(東海道四谷怪談のもの)は―
伊右衛門とお岩という夫婦がいた。しかしのっけからこの夫婦には裏があった。それは一度伊右衛門が主家の金を盗んだ事がお岩のお父さんにバレ、別れさせられたのだが、伊右衛門はお岩のお父さんを殺し、「チキショーお岩、お前のお父様を殺した野郎に一緒に復讐しよう! だからもう一度やり直そう!」
妖怪うぃき的妖怪図鑑

東海道四谷怪談 あらすじ

東海道四谷怪談 あらすじ

塩冶(えんや)浪人の民谷伊右衛門(たみやいえもん)は、舅(しゅうと)の四谷左門(よつやさもん)に悪事を悟られ殺すことを決意します。伊右衛門の女房・お岩(おいわ)には、お袖(おそで)という妹がいます。

歌舞伎鶴屋南北

尾上菊五郎 (3代目)

尾上菊五郎 (3代目)

『東海道四谷怪談』は文政8年7月 (1825) の江戸中村座の初演でお岩・小平・与茂七の三役早変わりをつとめて以来当たり役となり、生涯に9度これをつとめている。

wiki

東海道四谷怪談

東海道四谷怪談


歌舞伎 東海道四谷怪談のあらすじと見せ場の表現。

歌舞伎への誘い

『東海道四谷怪談』のうち「蛇山庵室」の場

『東海道四谷怪談』のうち「蛇山庵室」の場

動画

江戸東京博物館:歌舞伎の仕掛け

hgoto135

四谷怪談の東と西 忠臣蔵外伝

四谷怪談の東と西 忠臣蔵外伝

どうして「四谷怪談」は「東海道四谷怪談」というのでしょうか。ご存知の通り、「四谷怪談」は「忠臣蔵の世界」に仕組まれており、それ自体が忠臣蔵外伝といった形に作られています。

歌舞伎素人講釈

The Ghosts of Yotsuya Sub Eng 四谷怪談

The Ghosts of Yotsuya Sub Eng 四谷怪談

動画

新東宝 四谷怪談

Ful Japan movies

映画『四谷怪談』 予告篇

映画『四谷怪談』 予告篇

動画

大映 四谷怪談

aucshoper

東海道四谷怪談

東海道四谷怪談

映画 東海道四谷怪談1959年新東宝の物語と解説。

懐かしの映画館 近松座

四谷まち歩きのツボ 銘刀 四谷正宗 動画

四谷まち歩きのツボ 銘刀 四谷正宗 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈  銘刀 四谷正宗 の動画です。

 宗福寺には四谷正宗の異名を持つ名刀工源清麿の墓があります。
 清麿は信濃国(長野県)小諸の藩士山浦信風の次男で環といい、文化10年(1813)3月に生まれました。信濃国上田の刀工河村寿隆の門に入って鍛刀を学び、やがて江戸に出て幕臣窪田清音に師事しました。のち四谷伊賀町稲荷横丁(現在の三栄町辺り)に住み、名を源清麿と改めて、名刀を打ち出します。世の人は「四谷正宗」と呼びました。清麿の作風は、相州伝、美濃伝に属する力強いもので、作品の一部は刀剣博物館や国立博物館に保存されています。
 なお、清麿の墓と並んで、刀剣学者内田疎天や、刀剣師水心子の墓があります。内田疎天は清麿を崇拝して遺骨をここにまいそうするように遺言した人、また水心子の墓は深川木場の寺で無縁扱いにされていたのをここに移したものです。 現在でも11月14日(安政3年没)の清麿の命日と、9月27日の初世水心子の命日には、この道の愛好家によって墓前祭がいとなまれています。

kent2133

四谷まち歩きのツボ 鬼平 長谷川平蔵宣以 動画

四谷まち歩きのツボ 鬼平 長谷川平蔵宣以 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 鬼平 長谷川平蔵宣以 の動画です。

長谷川 宣以(はせがわ のぶため、延享2年(1745年)- 寛政7年5月19日(1795年6月26日))は、江戸時代の旗本火付盗賊改方の長である火付盗賊改役を務めました。幼名は銕三郎(てつさぶろう)。家督相続後は長谷川氏の当主が代々受け継ぐ名である平蔵(へいぞう)を通称としました。池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』の主人公として、日本の時代小説・時代劇ファンに知られています。

kent2133

戒行寺の「鬼の平蔵・供養乃碑」

戒行寺の「鬼の平蔵・供養乃碑」


日蓮宗の妙典山・戒行寺は、須賀町9番地の油揚坂(戒行寺坂)上の北側にある。瀟洒なたたずまいの寺である。
さて、この寺の墓地は杉並区堀之内にあるが、その中には池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』で有名な「火付盗賊改」を勤めた鬼の平蔵・長谷川平蔵宣以(のぶため)と墓と思われる長谷川家の墓地がある。

四谷散歩 HP

火付盗賊改

火付盗賊改

火付盗賊改めは町奉行所の場合と違い火付盗賊改役自身でも、市中の忍び回りもやるし、犯人を捕らえることもした。名のように放火、盗賊、博奕の取締まりかつ犯人の検挙から取調べをやったのであるが町奉行所のように市政・治安維持のためよりも、犯罪者を減らすことが目的であった。

畝源三郎のホームページ

鬼平遊歩道

鬼平遊歩道

いつの世にも悪は絶えない。
その頃、徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。
凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。
独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。
人呼んで鬼の平蔵である。

鬼平遊歩道 HP

鬼平犯科帳

鬼平犯科帳

鬼平年表
登場人物 火付盗賊改方
登場人物 密偵
登場人物 盗賊
登場人物 その他
鬼平の愛用品、料理、名物、料亭などの情報

河童ヶ淵HP

鬼平犯科帳彩色江戸名所図会

鬼平犯科帳彩色江戸名所図会

池波正太郎さんは、『鬼平犯科帳』の執筆にあたり、三つの史料を座右に置いて構想を練っていました。
『江戸名所図会』
(天保3年…1832…刊)
江戸の切絵図
(嘉永前後のもの)
『江戸買物独案内』
(文政7年…1824…刊)
そこで、鬼平大ファンであるわれわれ(文化センターの[鬼平クラス])も、
この三つの史料を駆使、『鬼平犯科帳』の各篇を順次、絵解きをして、理解を深めることにしました。

鬼平犯科帳彩色江戸名所図会 HP

第四回鬼平ゆかりの地巡りツアー

第四回鬼平ゆかりの地巡りツアー

●地下鉄九段下駅4番出口から出て「蕃書調所」の柱の前にて集合〜●清水門外役宅跡〜●地下鉄南北線市ヶ谷駅構内・「江戸歴史散歩コーナー」〜●四谷組屋敷付近〜●実在の鬼平菩提寺「戒行寺」〜●四谷三丁目・消防博物館〜●ホテルJAL-CITY〜●赤坂見廻り

鬼平ゆかりの地巡りツアー

第18回鬼平ゆかりの地巡りツアー【四谷〜内藤新宿】

第18回鬼平ゆかりの地巡りツアー【四谷〜内藤新宿】


今回は小説にも度々登場する長谷川組組屋敷のあった界隈や,実在の平蔵菩提寺,その他「ゆかりの地」多数に加えて「剣客商売」ゆかりの地から四谷怪談「お岩さん」ゆかりの地まで盛りだくさんにてのお江戸散歩となります。

平成の火盗改メ一行

鬼平と歩く

鬼平と歩く

長谷川組与力・同心たちの通勤路

市ヶ谷門から九段坂へのびた三番町通(現在の靖国通)は、四谷坂町の組屋敷から清水門外の火盗改メ役宅へ出勤する長谷川組々下の与力・同心たちの通勤路にあたっていた。

鬼平犯科帳彩色江戸名所図会

鬼平 現場検証

鬼平 現場検証

鬼平巻別索引→第4巻中頃

おみね徳次郎 第4巻

網切の甚五郎配下の徳次郎の正体を知ってしまったおみねは、法楽寺の直右衛門配下であった。情の移ってしまった徳次郎はおみねを殺せずにいて、おみねは徳次郎をからかう余裕もある。そんなおみねは、幼なじみのおまさに会って、それがきっかけで法楽寺は捕まってしまう。

江戸の旧跡めぐりHP 

現場検証 五十音別索引もあり

四谷まち歩きのツボ 首切り 山田浅右衛門 動画

四谷まち歩きのツボ 首切り 山田浅右衛門 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 首切り 山田浅右衛門 の動画です。

山田 浅右衛門(やまだ あさえもん)は、江戸時代に御様御用(おためしごよう)という刀剣の試し斬り役を務めていた山田家の当主が代々名乗った名です。死刑執行人も兼ね、首切り浅右衛門、人斬り浅右衛門とも呼ばれました。

kent2133

勝興寺 首切り浅右衛門

勝興寺 首切り浅右衛門

山田 浅右衛門(やまだ あさえもん)は、江戸時代に御様御用(おためしごよう)という刀剣の試し斬り役を務めていた山田家の当主が代々名乗った名称。

四谷まち歩きのツボ 江戸切絵図の見方 動画

四谷まち歩きのツボ 江戸切絵図の見方 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 江戸切絵図の見方 の動画です。

江戸城を中心とした絵図をおよそ30に切り分けて地域区分図として作り上げられたものが「江戸切絵図」です。図の中で「家紋」のあるのが上屋敷、「■」の印は中屋敷、「●」は
下屋敷を表わしています。
また各屋敷名は通りに面して縦書きされているところから文字の向きに正門があったと推測されます。

kent2133

四谷まち歩きのツボ 須賀神社 三十六歌仙絵 動画

四谷まち歩きのツボ 須賀神社 三十六歌仙絵 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 須賀神社 三十六歌仙絵 鏝絵 の動画です。

須賀神社は江戸初期より四谷の地に鎮座する、四谷十八ヵ町の鎮守様です。社名の須賀とは、須佐之男命が出雲の国の簸の川上に、八俣の大蛇を討ち平らげ拾い「吾れ此の地に来たりて心須賀、須賀し」と宣り給いて、宮居を占め給いし故事に基づき名付け ...

kent2133

三十六歌仙絵 小野小町 古今和歌集 938 

三十六歌仙絵 小野小町 古今和歌集 938 

わびぬれば身をうき草の根をたえて
       さそふ水あればいなむとぞ思ふ

古今和歌集の部屋

 須賀神社例大祭 本社神輿渡御 H22 前編 (宮出し)動画

須賀神社例大祭 本社神輿渡御 H22 前編 (宮出し)動画

動画
新宿四谷 須賀神社例大祭 本社神輿渡御 前編

朝7時の宮出しから午前中の町渡しの渡御風景。 
鳳凰の天王社(須佐之男命)・擬宝珠の稲荷社(宇迦能御魂命)の両社が祭神。
若二・若三・南元は稲荷の氏子で神輿の飾りを擬宝珠に、それ以外の十五ヶ町は天王の氏子で鳳凰に付け替える。
神輿の担ぎ方は四谷担ぎ。

平成22年6月6日

kent2133

須賀神社例大祭 本社神輿渡御 H22 中編 (町渡し)動画

須賀神社例大祭 本社神輿渡御 H22 中編 (町渡し)動画

動画
新宿四谷 須賀神社例大祭 本社神輿渡御 中編

日中、町渡しの渡御風景。十八ヶ町の御神酒所をまわる。

平成22年6月6日

kent2133

須賀神社例大祭 本社神輿渡御 H22 後編 (宮入り)動画

須賀神社例大祭 本社神輿渡御 H22 後編 (宮入り)動画

動画
新宿四谷 須賀神社例大祭 本社神輿渡御 後編

十八ヶ町の高張提灯の先導で宮入りするまで。

平成22年6月6日

kent2133

東福院 豆腐地蔵          

東福院 豆腐地蔵          

ある日の暮れのこと、豆腐屋の前に一人の僧侶が豆腐を買いにきた。ところが、あくる日も、あくる日も、そのあくる日も豆腐を買いにくるようになった。
「何処の坊主だか知らねえが、よくも飽きずに豆腐を買いにくるもんだ」
ところが、おかしなことに、僧侶が豆腐を買いにくるようになってから、どうしたことか、売上銭の中に一枚、きまって、しきみ(注1)の葉が混じっているようになった。

民話:豆腐地蔵より

四谷まち歩きのツボ 西念寺 服部半蔵 前編 動画

四谷まち歩きのツボ 西念寺 服部半蔵 前編 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 西念寺 服部半蔵 前編 の動画です。

浄土宗・西念寺は、文禄2年(1593年)に服部半蔵が創建した寺です。当初は麹町清水谷にあり、寛永11年(1634年)の江戸城の拡張工事によって、現在地へと移りました。
 半蔵は、徳川家康の三河時代からの旧臣で、石見守正成という伊賀者の頭。天正7年(1579年)、家康の長男信康は、織田信長のために切腹を命ぜられました。後年、信康を供養するため、半蔵が西念寺を創建しました。慶長元年(1596年)に55歳で没し、自らの創建した安養院(西念寺)に葬られました。墓は、本堂右隣にある新宿区指定史跡です。
 半蔵は槍の名手としても知られ、当時「槍の半蔵」の異名も。寺で所蔵する区登録文化財の槍は、半蔵愛用のものです。

kent2133

服部半蔵ゆかりの“隠れ名所”を歩く

服部半蔵ゆかりの“隠れ名所”を歩く

もっとも名の知れた伊賀忍者といえば、誰もが服部半蔵と答えることでしょう。実は江戸の街には、そんな半蔵ゆかりの隠れ名所が点在しています。映画や小説で描かれているような忍者だったかどうかはともかくとして…。ゆっくり散歩をしながら半蔵の足跡をそっと追いかけてみましょう。

お散歩レシピ

西念寺 服部半蔵の槍 

西念寺 服部半蔵の槍 

四ッ谷エリア

西念寺は、JR四谷駅から徒歩5分程度の距離に位置しており、伊賀上忍の頭目として名高い服部半蔵正成が開基となっている由緒ある古刹です。
半蔵は徳川十六将の一人に数えられる家康の信任厚い武将でした。掛川城攻め、姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦いなど、徳川家の主だった戦に従軍し、槍の名手として「槍の半蔵」の異名を持っています。西念寺にある槍は、三方ヶ原の戦いの戦功によって主君・家康から与えられた物と伝えられています。

天下布ブログ
平成19年10月7日

四谷まち歩きのツボ 西念寺 服部半蔵 後編 動画

四谷まち歩きのツボ 西念寺 服部半蔵 後編 動画

地元ガイドさんによる四谷まち歩きの入門編 四谷南寺町通り界隈 西念寺 服部半蔵 後編 の動画です。

kent2133

徳川家康の苦悩 岡崎三郎信康物語 

徳川家康の苦悩 岡崎三郎信康物語 

『人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し』徳川家康が残した言葉とされるが、この重荷こそ家康が生涯背負った悔やみ切れない、心のしこりであった。そのしこりとは、織田信長に対する忠誠の証として家康が息子を、切腹させたことである

岡崎三郎信康 物語  原作 白井勝文

徳川家康の苦悩 岡崎三郎信康物語  音声

徳川家康の苦悩 岡崎三郎信康物語  音声

たとえ親子と言えども、お家存続と言う大儀の前には容赦なく切り捨てられてしまうのが戦国時代の定めであったが、この物語は松平一族を救う為に犠牲となった悲劇の戦国若武者、岡崎三郎信康の無念の物語である。

岡崎三郎信康 物語  原作 白井勝文

築山殿事件(1579) 

築山殿事件(1579) 

西念寺ゆかり岡崎三郎信康切腹の諸説をあげています。

天正7年(1579)8月29日。徳川家康の正妻築山殿(瀬名姫)が家康の命令により、殺害されました。またこれに続いて9月15日には築山殿と家康の間の長男信康も切腹を命じられました。

運命学HP

たいやき わかば

たいやき わかば

ちなみに、2009年4月現在、1尾 140円。
「殿方は頭から、ご婦人は尻尾から」との説明書きがあったので、さっそく尻尾から頂くことにします。

still talking to you
2009年04月20日

たい焼き処 わかば 

たい焼き処 わかば 

たい焼き御三家の1つで、今日も行列ができていました。創業は1953年(昭和28年)、御三家の中で一番新しいお店です。たい焼きは、皮がパリパリ、でも中はもっちり、そして餡子は塩気がちょっと強めで、ちょっと厚めの皮ととてもマッチしていて美味しかったです。ここのおきまりで、尻尾に餡子が入っています。
1匹140円の幸せ。

東京散歩研究   
2009年4月28日